アイテム別

カーペットでおすすめの宅配クリーニング4選【絨毯・ラグマット】

カーペットの宅配クリーニング

ゆーまま
こんにちは「宅クリ主婦の家」編集部のゆーままです!

この記事では、カーペットの宅配クリーニングについてご紹介します。

カーペットの掃除は、掃除機をかけたりコロコロをして髪の毛をとったり・・簡単に済ませてしまいがちです。

でも、気づかないうちに細菌やダニなど、簡単な手入れでは取れない汚れもついてしまっているんです。

家で洗うこともできますが、カーペットの中には高級なものやメンテナンスが難しいものもあります。

そんな時には、宅配クリーニング店を利用して、綺麗にしてもらいましょう!

ここでは、カーペットにオススメなクリーニング店や、普段からできるカーペットのケア方法をご紹介していきます。

今後の参考にしてくださいね。

\おすすめを早く知りたい人はタップ/

カーペットの宅配クリーニング業者4選を見る

5社の中からおすすめ業者を厳選!

カーペットをクリーニングに出すタイミング

カーペットをクリーニングに出すタイミング

カーペットをクリーニングに出すオススメな時期をご紹介します!

夏は2回・春秋冬は1回ずつクリーニングが理想

夏場はカーペットに汗や汚れがつきやすい時期なので、シーズン中に2回ほどクリーニングに出すようにしましょう!

春や秋冬はシーズン中に1回のクリーニングが理想的ですが、あくまで目安です。

汗をかきにくい時期でも、確実に足の裏の汗や汚れなどは蓄積されているということを理解しておきましょう。

カーペットの汚れやニオイが気になったらクリーニング

ふとカーペットに寝転んだ時に、ニオイや汚れが気になったことがありませんか?

消臭スプレーや除菌スプレーをかけてもニオイが落ちない・・なんて時には、クリーニングに出しましょう。

特にペットを飼っている方や、赤ちゃんがいる家庭は、こまめにカーペットの状態をチェックするようにしておきましょう!

ゆーまま
カーペットのダニが原因で、赤ちゃんがアレルギーを起こす可能性もありますので、注意しておきましょう!

カーペットの毛並みが気になったらクリーニング

カーペットの種類も様々ですが、特に毛が長いタイプのカーペットは毛並みの乱れが気になりますよね。

そんな時には、クリーニングに出して、毛並みを整えてもらいましょう!

綺麗に整えてくれるので、まるで新品同様になって返ってきますよ。

模様替えでカーペットを仕舞う前にクリーニング

模様替えなどでカーペットをしまう際には、クリーニングに出すようにしましょう。

汚れが付いたまま保管してしまうと、カビやニオイの原因になってしまいます。

必ず綺麗にしてから保管するように心がけましょう!

カーペットの種類を見極めよう!

カーペットの種類を見極めよう!

ここでは、カーペットの種類についてご紹介します!

自分がクリーニングに出したいカーペットはどの種類に当てはまるのか、チェックしてみてくださいね。

折りたたみができる薄手のカーペット

薄手のカーペットは持ち運びがしやすく、助かりますよね!

コンパクトに折りたたむこともできるので、保管にも便利です。

薄手のカーペットの種類を、細かく分けてご紹介していきます。

平織り

編み込んであるだけなので、裏張りがなく裏表が同じような模様なのが特徴です。

厚みがなく、楽に折りたたみができるのも嬉しいポイントです。

⚠️ウールやヤギ、ラクダやコットン、シルクや手織りなどは、高級絨毯扱いになる場合もあります!

タフテッド

短い毛足のあるもので、薄くて折りたたみができるのが特徴。

裏にフェルトや麻などの生地がはってあるものが多いです。

中には、シャギー調の毛足があるもの、滑り止めが付いているものなどあります。

レーヨン

レーヨン・レーヨン混紡の機械織りカーペットのことを言います。

裏張りがなく、簡単に折りたためます。

レーヨン独特の光沢があるので、比較的見分けがしやすい素材です!

⚠️こちらも、ウールやヤギ、ラクダやコットン、シルクや手織りは、高級絨毯扱いになる場合があります!

ウイルトン

ウイルトンにはAタイプBタイプがあります。

Aタイプはポリエステル、アクリル、ポリプロピレンなどの化学素材のものです。

裏張りがないものが多いですが、折りたたみは難しいという特徴があります。

Bタイプはウール、ウール混紡の高級カーペットです。

厚手できめが細かいのが特徴です。

こちらも折りたたみが難しい場合が多いです。

折りたたみができない厚手のカーペット

カーペットには厚手のものもあります。

折りたたみはできませんが、重厚感があって高品質なものが多いです。

厚手のカーペットを、種類を細かく分けてご紹介していきます。

シャギー

シャギーにはAタイプBタイプがあります。

Aタイプは毛足が1〜2㎝程度で、化学繊維のものです。

裏張りがあるものと無いものの両方があります。

Bタイプは毛足が2㎝以上のもので、極太の毛足のものを言います。

ウールなどの自然素材のものが多いです。

⚠️こちらもウールやウール混紡で、手織りのものは高級絨毯扱いになる場合があります!

フック段通

手作業で立体的な彫刻加工が施されているものです。

白やベージュの綿の裏張りがあるものが多いです。

手織りではなく、フックガンで刺しつける編み方が特徴です!

高級な絨毯

カーペットや絨毯には高級なものもあります。

素材によっては、クリーニングできなかったり、技術がいるものが多いです!

細かく分けて、高級絨毯についてご紹介していきます。

ウールやシルクの織り段通・中国段通

房ありで、裏張りがないものです。

大柄の花の模様が多いです!

ウールの絨毯は厚くどっしりとした重みがあるのが特徴です。

稀に房もなく、花柄でもないものもあります。

ウールの手織り高級絨毯

ウール素材の手織りの高級絨毯です。

ウール素材のため、房の1本が太いのが特徴です。

種類は、ペルシャギャッベキリムなどの絨毯などです!

柄がしっかり入っているものが多いですね。

シルクの手織り高級絨毯

シルク素材の手織りの高級絨毯。

シルク素材のため、房の一本が細いです。

種類は、ペルシャギャッベキリムなどの絨毯などです!

シルクは、見る角度によって色合いやツヤが違います。

見分けのポイントとしておさえておいてください!

電気カーペット

冬に大活躍なアイテムですね!

パイル(表地の長い毛)がないのが特徴です。

クリーニング店で、通電確認を必ず行います。

クリーニング前に通電しないものは、クリーニング対象外になる恐れがあるので、クリーニングに出す前にチェックしておきましょう。

衛生面からクリーニングNGの業者があるカーペット

衛生面からクリーニングNGの業者があるカーペット

クリーニング店によっては、ペットなどの粗相や汚れてしまったもののクリーニングを受け付けていないところもあります。

受けつけてもらえない内容としては

  • ペットのがついているもの
  • ペットの粗相
  • 嘔吐物が付いたもの
  • 血液が付いたもの

などです。

もちろん、粗相があっても受け入れてくれるクリーニング店もあります。

ただ、粗相が付いているカーペットのクリーニングがOKだからと言って、下処理をせずに預けるのはNGです!

クリーニング店の方に、気持ちよくケアを行ってもらうためにも、粗相があるカーペットはできるだけ綺麗にしてクリーニングに出すように心がけましょう。

ゆーまま
クリーニングの依頼前に、ホームページでクリーニングが可能かを確認しましょう!

カーペットの宅配クリーニングの選び方は4つ

カーペットの宅配クリーニングの選び方

ここでは、宅配クリーニング店の選び方をご紹介します!

自分にぴったりなクリーニング店をみつけてくださいね。

宅配クリーニングの選び方1.最安値で選ぶ

カーペットを最安値でクリーニングしたい方は、下の料金表を見てベストなクリーニング店を選んでください!

ただ、お願いしたいカーペットが高級なものやケアが難しい場合は、注意が必要です。

また、クリーニング料金を気にしている方で意外と忘れがちなのが送料です。

送料も込みで、事前に確認しておくと安心ですよ!

宅配クリーニングの選び方2.防ダニ加工で選ぶ

カーペットにはダニがつきやすいですよね。

自宅で、毎日掃除機やコロコロをしていても、落ちにくいものも多いです。

クリーニング後に行ってもらえる防ダニ加工は、ダニを寄せ付けない加工です!

カーペットは、肌に直接触れるものなので、安全な加工なのか心配になりますが・・

ほとんどのクリーニング店が、安全性の確認をしていますので、安心してください!

公式ホームページを見ると、成分など表記されていることがあるので、チェックしてみてくださいね。

宅配クリーニングの選び方3.保管サービスで選ぶ

カーペットの保管を考えている方は、保管付きのクリーニング店の利用をオススメします!

特に厚手のカーペットを利用している方は、保管場所に困っていることが多いのではないでしょうか。

プロに管理をお願いしておけば安心なので、保管を検討してみてくださいね。

宅配クリーニングの選び方4.電気カーペット対応で選ぶ

電気カーペットに対応しているクリーニング店もあります。

電気カーペットは取り扱いを間違うと、通電しなくなってしまうので注意が必要です!

電気カーペットのクリーニングを考えている方は、取り扱いがあるクリーニング店の利用をオススメします。

カーペットでおすすめの宅配クリーニング業者4選!

カーペットでおすすめの宅配クリーニング

ここでは、「宅配クリーニング カーペット」と検索して出てくる業者の比較を行っています。

目的別に、おすすめ業者を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

ゆーまま
下のタブをタップすることでカーペットの総合比較表も見れますよ!

クリックして総合比較表を見る

※表はスライドできます。

料金表

業者名 平織り タフテッド レーヨン ウィルトン シャギー フック段通 ウール・シルクの織り段通・中国段通 ウールの手織り高級絨毯 シルクの手織り高級絨毯
デア 1,800円/1㎡ 1,800円/1㎡ 2,000円/1㎡ 2,100円/1㎡ 2,100円/1㎡ 4,000円/1㎡ 5,000円/1㎡ 5,000円/1㎡ 12,000円/1㎡
白洋舎 - - - 850円/1㎡ - - 2,790円/1㎡ 3,520円/1㎡ -
クリコム 薄手の絹マット:4,000円/1畳
裏がフェルト状:5,000円/1畳
裏が編み込み:6,000円/1畳
緞通、手織り:13,000円/1畳
ペルシャ絨毯:要見積
クレアン 2,200円/1㎡ 2,000円/1㎡ 2,200円/1㎡ 2,500円/1㎡ 3,000円/1㎡ 5,500円/1㎡ 6,000円/1㎡ 6,000円/1㎡ 13,000円/1㎡
青山キリムハウス 手織り:4,800円/1㎡
高級手織り:14,000円/1㎡
手織りシルク:12,000円/1㎡
機械織り:4,000円/1㎡

オプション

業者名 防ダニ加工 保管 電気カーペット(パイルあり) 電気カーペット(パイルなし)
デア 500円/1㎡ 1,000円~で6ヶ月 2,900円/1㎡ 2,500円/1㎡
白洋舎 - - - -
クリコム 2,000円/1畳 - - -
クレアン 1,000円/㎡×(面積)㎡ - 3,000円/1㎡ 3,000円/1㎡
青山キリムハウス - - - -

ここからは、オススメの業者を細かく分けてご紹介していきます!

白洋舎デアを選抜しています。

カーペットの最安値は「白洋舎」

白洋舎

カーペットの最安値店は白洋舎です。

ただ、対応しているカーペットが少ないので、自分がお願いしたいカーペットが対応の種類に入っているか、確認をしておいてくださいね!

白洋舎のじゅうたんらくらく宅配便を活用すると、重たくて自宅では陰干しが難しいカーペットも、綺麗にクリーニングしてもらえますよ。

公式ホームページにアクセスすると、カーペットや絨毯のクリーニングについて詳しく紹介されています。

白洋舎は、集荷キットにクリーニングをお願いしたいものを入れるだけなので、重たいカーペットや絨毯でも簡単にクリーニングに出すことができます!

ゆーまま
お願いしたいカーペットが対応している場合、白洋舎がリーズナブルでオススメですよ!

\リーズナブルな料金設定/

白洋舎公式サイト

店舗クリーニングもあります

防ダニ加工でおすすめは「デア」

クリーニングのデア 絨毯工房

カーペットや絨毯などの手入れが難しいアイテムのクリーニングにおいて、信頼度と実績が高いデア。

防ダニ加工もしっかりと行ってくれます。

デアの防ダニ加工は

  • 安全性耐久性を考慮した加工
  • 敏感な方や小さな子供に優しい加工
  • 防ダニ製品加工協議会が安全性を審査して使っている製品を使用
  • 防ダニ加工後は、約85%のダニが逃げていく
  • 12ヶ月後でも約70%のダニが逃げていく

とメリットが沢山あります!

持続する防ダニ加工なので、普段のメンテナンスも楽になって、嬉しいですね。

ゆーまま
敏感肌の方がいる家庭は、特にデアの防ダニ加工をオススメします!

\防ダニ加工が500円/㎡/

デア公式サイト

クリーニング料金もお手頃価格

保管サービスでおすすめは「デア」

クリーニングのデア 絨毯工房

カーペットを保管付きでクリーニングを考えている方には、デアをオススメします!

デアでは、カーペットや絨毯の素材を知り尽くしたプロが6ヶ月間保管してくれます。

保管の返却時期は、事前予約制なので、注意が必要です。

⚠️9月下旬〜10月下旬の返却は混雑するようです。また、予約時期より早く返してもらうことは難しいということを知っておいてくださいね。

ゆーまま
カーペット専門店で、しっかりとカーペットを保管してもらいましょう!

\有料で6ヶ月間保管可能/

デア公式サイト

衣替えに便利です

電気カーペットでおすすめは「デア」

クリーニングのデア 絨毯工房

電気カーペット(ホットカーペット)のクリーニングやメンテナンスを考えている方にはデアをオススメします!

デアでは、電気カーペットについての特設ページも設定されています。

他店で「電気カーペット洗えます!」というところもありますが、表面だけのお手入れの場合もあることをご存知でしょうか。

表面だけのお手入れでは、残念ながらダニを全滅させることはできません。

デアでは、しっかりと水を使って電気カーペットをクリーニングしてもらえます。

大量の水でゆすいで、全体をクリーニングをすることが可能なので、汚れもしっかりと綺麗になりますよ!

もちろん通電するかどうかなど、チェックもバッチリしてくれます。

ゆーまま
電気カーペットをクリーニングに出す場合、事前に通電するのか確認しておきましょう!

通電しないものはクリーニング対象外になります。

\電気カーペットも対応/

デア公式サイト

カバーも一緒にクリーニング可能

クリーニングしたカーペットを大切に保管しよう

カーペットの保管方法

カーペットの保管方法についてご紹介します。

クリーニングから返ってきてからすぐに行えることもあるので、チェックしてみてくださいね!

特殊でないビニールカバーは外そう

特殊クリーニングに含まれるカーペットは大きなものが多いので、全体を覆うようなビニール袋に入って戻ってきます。

これは、納品までに汚れがつかないようにカバーされているだけなので、届き次第カバーは外して保管するようにしましょう!

ビニールは通気性が悪いため、カビが生える原因になります。

通気性が良い管理用の袋としては、麻やコットン素材がオススメですよ!

カーペットは丸めて横置きで保管しよう

カーペットはどのように保管していますか?

畳んで保管している方も多いと思いますが、カーペットや絨毯は、丸めて保管するようにしましょう!

おもて面を内側にして、丸めるのがポイントです。

畳んだままで保管しておくと、折り目がついてしまったり、型崩れの原因にもなります。

また、丸めた後は横に倒して保管することをオススメします。

縦に保管すると、倒れた時に周囲のものを破壊してしまう可能性があるので、必ず横で保管しましょう。

カーペットにも防虫剤や除湿剤を活用しよう

定期的に風通しの良いところで、陰干しすることをオススメしますが、なかなか時間がない方が多いですよね。

そんな方こそ、必ずクローゼット内に防虫剤や除湿剤を置いて保管してください!

防虫剤は、虫がカーペットにつきにくくしてくれ、除湿剤は湿気を取ってくれるので、カーペットにカビがつきにくくなります。

様々な種類があるので、クローゼットに合うものを選んでくださいね!

カーペットは日々のお手入れで綺麗が長持ちする

カーペットのお手入れ方法

カーペットの簡単なお手入れ方法をご紹介します!

毎日少し気にしておくことで、綺麗に管理できますよ。

カーペットのゴミやホコリを取り除こう

1日に出たホコリやゴミは、その日のうちに綺麗にするようにしましょう!

方法としては、掃除機コロコロがあります。

毛足が短いものであったら、掃除機でも汚れが取れますが、毛足が長いものは掃除機で取れない場合があります。

掃除機の上手なかけ方は、パイルの毛を起こすようにしながら逆目にかけるということです!

この方法であれば、パイルの根元についたホコリなども取れやすくなりますよ。

掃除機で取れない時には、コロコロで取り除いていきましょう!

気になる部分を重点的に掃除することができるので、オススメです。

カーペットに70度以上の高温スチームをかけよう

カーペットのニオイやシワが気になる時には、スチームの利用をオススメします!

ここでのポイントは、アイロンを直接カーペットに当てず、少し離れたところからスチームをあてるということです。

根気よく、シワが気になる部分にスチームを当てていきましょう。

ペットが粗相をしてしまった時にも、ニオイを取ることができますよ。

最後にきちんと乾燥させることもお忘れなく!

カーペットも陰干しして湿気を取り除こう

カーペットも定期的に陰干しをして、湿気を取り除くことが大切です!

カーペット自体の湿気を取り除くだけでなく、カーペットを敷いている床の湿気も取り除くことができます。

自分で「週に1回(月曜日)に陰干しをする!」とサイクルを決めておくのもいいかもしれませんね!

カーペットが汚れたらたたき拭きしよう

「カーペットにコーヒーをこぼしてしまった・・」

なんてことも時にはありますよね。

そんな時にはたたき拭きがオススメ!

方法や準備物をご紹介します。

準備物

中性洗剤、乾いた雑巾数枚、バケツ、手袋

<たたき拭きの方法>

  • こぼした部分に雑巾を押し当て、汚れを吸い上げる
  • お湯またはぬるま湯で中性洗剤を薄め、洗剤液を作る
  • 雑巾に洗剤液を染み込ませ、絞る
  • カーペットの下部分に汚れてもいい布を置く(当て布)
  • トントンとたたくように汚れた部分をたたき拭きする
  • 当て布に汚れがうつっているのを確認する

カーペットによっては、汚れが取れにくいものもあるので、取れない場合はクリーニングに出しましょう!

擦るのではなく、たたくということをしっかり覚えておいてくださいね。

カーペットクリーニングのまとめ

カーペットクリーニングのまとめ

以上、カーペットのクリーニングとケア方法についてでした。

毎日使用するカーペットだからこそ、いつでも気持ちよく使用したいですよね!

普段のお手入れ方法を少し変えるだけで、綺麗に管理できます。

定期的にクリーニングに出しておくと、普段のお手入れも楽になりますよ!

カーペットは重たいものが多いので、宅配クリーニング店をうまく利用して、快適に過ごしてくださいね。

カーペットのおすすめ業者に戻る

Copyright© 【主婦が使ってガチ厳選】宅配クリーニングのおすすめ比較ランキング! , 2021 All Rights Reserved.