アイテム別

【5社を調査】マットレスでおすすめの宅配クリーニング業者3選!

2020年5月1日

マットレスの宅配クリーニング

ゆり
こんにちは「宅クリ主婦の家」編集部のゆりです!

1日の疲れを取るのに大切な睡眠時間。できるだけ気持ちよい環境にしたいですよね?

布団であれば天気が良い日に天日干しをしたり、シーツやカバーはこまめに洗うこともできますが、その下のマットレスのお手入れまで手が回らないご家庭も多いでしょう。

そんなつい放置しがちになってしまうマットレス、実はダニや汗の汚れが溜まっているかもしれませんよ!

そんな方のために、この記事ではマットレスをクリーニングに出すタイミングや業者の選び方、普段のお手入れ方法まで詳しく紹介しています。

マットレスもすっきりきれいにして、今まで以上に快適な睡眠時間を手に入れましょう!

\おすすめを早く知りたい人はタップ/

マットレスの宅配クリーニング業者3選を見る

5社の中からおすすめ業者を厳選!

マットレスをクリーニングに出すタイミング

マットレスをクリーニングに出すタイミング

マットレスをクリーニングに出すタイミングは以下の4点を参考にしてみてください。

ご自宅のマットレスを見直す良いきっかけになりますよ!

使用年数が5年経つ前にクリーニング

マットレスを購入してからどのくらい経っていますか?

一般的にマットレスの寿命は低反発のマットレスで3〜5年、高反発のマットレスで6〜8年、スプリング系タイプで7〜10年と言われています。

あまり頻繁に買い換えることのないマットレスですから、購入から5年以内に一度はクリーニングに出すことをおすすめします。

逆に、購入から10年以上経っている、かなりへたってきている、といった場合は買い替えも検討した方がよいかもしれませんよ。

子どもやペットが粗相したらクリーニング

子どもやペットのおしっこに含まれるアンモニア成分は、たとえ天日干ししても分解されずに残ってしまうので、汚れやニオイの原因になってしまいます。

そのままにしておくと、生地や中綿をも痛めてしまうので、万が一粗相をしてしまった場合は早めにクリーニングに出しましょう!

マットレスにカビやダニが発生したらクリーニング

梅雨時などはどうしてもカビが発生しやすいもの。それでなくても人は睡眠中コップ1杯分もの汗をかくのです。

もしシーツやカバーを外してマットレスにカビを発見したら、それはクリーニングに出すタイミングかもしれませんよ!

カビはアレルギーの原因にもなり、人体に悪影響を与えることはよく知られています。

もちろん、ダニも同様にアレルギーの原因となりますので、特に小さなお子さんのいるご家庭では十分に注意してみてくださいね。

マットレスの内部まで汚れが浸透したらクリーニング

長い間マットレスを使用していると、いくらシーツやカバーを敷いていても、汗や汚れがマットレスまでしみ込んでしまっているかもしれません。

そうなってしまっては、もうすでにカビやダニがマットレスの中で繁殖してしまっている可能性も。

そんな汚れが気になったときは、マットレスをクリーニングに出すタイミングです。

宅配クリーニングで対応できるマットレスは?

宅配クリーニングで対応できるマットレスは?

マットレスをクリーニングに出す前に、まずはご自宅のマットレスがどんな素材のものなのか確認しておく必要があります。

代表的なマットレスをご紹介します。

・コイルスプリングマットレス:クリーニング可
・低反発・高反発マットレス:クリーニング不可(一部可の場合あり)
・ウレタンマットレス:クリーニング不可(一部可の場合あり)

マットレスのクリーニングは約100℃の高温スチームを使って行われることが多いため、高温に弱い、スチームなどの水分に弱い素材はクリーニングを受け付けてくれないところがほとんどです。

しかし、昨今低反発、ウレタン素材などのマットレスの人気が非常にあがってきているので、徐々に対応してくれるクリーニング店も増えてきているのです。

どうしてもクリー二ングしたい、といった方のために後ほど低反発・高反発、ウレタン素材に対応しているクリーニング業者をご紹介しますのでご安心ください!

宅配クリーニングの業者選びはマットレスの種類で決まる

マットレスの宅配クリーニングの選び方

それでは、実際に宅配クリーニングを利用するときの選び方をご紹介します。

宅配クリーニングの選び方1.コイル対応から選ぶ

マットレスの宅配クリーニングでは、ほとんどの業者がコイルスプリングに対応しています。

もし使っているマットレスがコイルスプリングなら

・料金面
・クリーニングの仕上がり期間
・洗剤の成分

などから自分のニーズに合ったものを選ぶと失敗しませんよ!

宅配クリーニングの選び方2.低反発・高反発対応から選ぶ

低反発・高反発のマットレスをクリーニングに出す場合は、まずクリーニング対応の素材かどうかを確認する必要があります。

また、素材だけではなく、厚みや大きさでもクリーニングに対応していなかったり追加で料金が発生することがあるので、まずは一度問い合わせてみるといいかもしれません。

宅配クリーニングの選び方3.ウレタン対応から選ぶ

ウレタンは水に弱いため、クリーニングをお断りされてしまうことがほとんどです。

なので、まずはウレタン対応かどうかをしっかり確認する必要があります。

また、ウレタンと一言でいってもスポンジのようなウレタンから低反発ウレタン、高反発ウレタンと、その種類はさまざまです。

かならず、自分の使っているマットレスが対応しているかをチェックしてくださいね!

マットレスでおすすめの宅配クリーニング業者3選!

マットレスでおすすめの宅配クリーニング

ここでは、マットレスのクリーニングに対応している宅配クリーニング業者を比較しています。

  • コイルマットレス
  • 低反発/高反発マットレス
  • ウレタンマットレス

のそれぞれでおすすめの業者を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゆり
下のタブをタップすると総合比較表を見ることもできます。

クリックして総合比較表を見る

※表はスライドできます。

業者名 コイルマットレス 低反発・高反発マットレス ウレタンマットレス
洗宅倉庫 2点:12,280円
3点:15,280円
- 2点:12,280円
3点:15,280円
デア - シングル:3,700円
ダブル:5,300円
洗王 2枚:11,396円
3枚:14,256円
4枚:16,896円
ローズグループ ~300cm:27,000円
~350cm:32,000円
~400cm:41,500円
~450cm:53,000円
- -
京葉クリーンライフ - 5,610円 3,960円~

ご利用のマットレスによっておすすめの業者がありますので、今お使いのマットレスを確認してみてくださいね。

コイルタイプのマットレスにおすすめは「ローズグループ」

ローズグループ

コイルタイプのマットレスなら、ローズグループが絶対おすすめ!

従来のスチーム洗浄とは違い、生地をまるごと温水洗いするのでニオイやダニを完全に除去することができるのです。

黄ばみやシミ取りはもちろん、仕上げに使う洗剤には防虫・抗菌作用があるのでいつまでもきれいなままを保つことができますよ。

ゆり
マットレスの糸をほどいて生地そのものを洗浄するので、まるで新品のようになって戻ってきますよ!

\コイルマットレスOK/

ローズグループ公式サイト

完全温水洗いクリーニングが強み

低反発・高反発のマットレスにおすすめは「洗王」

洗王

低反発・高反発マットレスをクリーニングしてくれるところはあまり多くありません。

もしご自宅のマットレスが低反発・高反発マットレスでも諦めてはいけません!

洗王なら、厚さ10cm以内の低反発・高反発マットレスのクリーニングに対応してくれますよ。ただし、一部対応していないものもありますので、一度確認してみた方が安心です。

ゆり
数少ない低反発・高反発マットレス対応のクリーニング業者です!諦めないで一度相談してみてくださいね!

\低反発・高反発もOK/

洗王公式サイト

無料で防ダニ加工も行います

ウレタンのマットレスにおすすめは「京葉クリーンライフ」

京葉クリーンライフ

ウレタンのマットレスのクリーニングをお考えなら、京葉クリーニングがおすすめ!

取り扱ってくれるところが少ないウレタンマットレスも、京葉クリーニングならしっかり対応してくれますよ。

また、ほとんどのクリーニング業者が扱っていないテンピュールも取り扱い有り!

今までいろいろなところで断られていた方も、京葉クリーニングなら引き受けてくれるかもしれません。まずは一度相談してみてくださいね。

ゆり
全国ふとんクリーニング協会にも加入しており、安心してお任せすることができますよ!

\取り扱いの幅が広い/

京葉クリーンライフ公式サイト

電話からでも注文できます

クリーニングした使わないマットレスの保管方法

マットレスの保管方法

クリーニングから戻ってきたマットレス。正しい保管方法で「気持ちいい」を長持ちさせましょう!

特殊でないビニールカバーは外そう

クリー二ングから戻ってきたマットレスは、輸送時の汚れ防止のためビニールカバーにかかっていることが多いです。

すぐに使うのであればもちろんビニールは外すと思いますが、もししばらく使用しない予定だとしても、必ずビニールは外してくださいね。

ビニールカバーをかけたままだと湿気がこもりやすいので、せっかくきれいなって戻ってきたマットレスが台無しになってしまいます。

ただし、専用の不織布カバーや防虫防カビが施された特殊カバーなど、そのまま保管できるようになっているカバーもありますので、その場合はそのまま保管した方が長持ちします。

マットレスに不織布カバーをして保管しよう

マットレスをそのままの状態で保管すると、ホコリや汚れがついてしまいます。

市販のマットレス専用のカバーがたくさんありますので、自分のマットレスに合ったものを選んでくださいね。

防虫剤や除湿剤を活用しよう

マットレスを保管する場合は、防虫剤や除湿剤を一緒に入れて保管しましょう。

一度湿気を吸いこんでしまうと、それを乾燥させるのは至難の技です。そうならないためにも、事前に防ぐことが大事なのです。

定期的に風通しを良くしよう

いくら除湿剤を使っても、マットレスの保管場所の換気が悪ければどうしても湿気はこもり、カビやダニの温床になってしまいます。

定期的に換気をし、保管中であってもマットレスを立て掛けて風通しをよくしましょう。

毎日使うマットレスはお手入れで綺麗が長持ちする

マットレスのお手入れ方法

マットレスを長持ちさせるには、日頃のケアも欠かせません。

とはいえ、毎日する必要はありません!1〜2ヶ月に一回のケアで見違えるほどマットレスを長持ちさせることができるのです!

ベッドパッドやカバーを活用しよう

マットレスにシーツやカバーをかけている方は多いかもしれませんが、ぜひその間にベッドパッドを敷くようにしましょう。

シーツだけでは吸い取りきれない汗やなども、ベッドパッドを敷くことでマットレスまで汗や汚れを浸透させません。

定期的にシーツとベッドパッドを洗濯することで、いつでも清潔な睡眠環境を確保できますよ!

月に1回はマットレスの湿気を飛ばそう

マットレスを敷きっぱなしにしておくと湿気がこもり、カビやダニの温床になってしまいます。

マットレスの湿気を飛ばす方法はとっても簡単!

まずは寝室の窓を開けて換気をよくしたら、マットレスを壁に立て掛けましょう。

それだけでも十分ですが、窓がない、天候によって難しいときなどは、扇風機やエアコンの除湿機能を活用してもいいですよ!

2ヵ月に1回マットレスの上下を逆さまにしよう

いつも同じ向きでマットレスを使っていると、同じ部分だけが凹んでしまい劣化する原因になってしまいます。

マットレスを長持ちさせるためには2ヶ月に1回は、上下を逆さまにしてみましょう。マットレスの凹みがなくなり、いつまでも心地よく使うことができます。

ゆり
裏表を返しても使えるマットレスは、上下と裏表を入れ替えましょう!

逆さまにするときは裏表に掃除機をかけよう

マットレスを逆さまにするときに、マットレスの裏表に掃除機をかけるとホコリや汚れを吸い取ることができるのでおすすめです。

ホコリや皮脂は、ダニのエサになってしまうので繁殖の原因になります。

湿気をとりつつダニ防止もできれば、マットレスを長持ちさせることができますよ!

マットレスクリーニングのまとめ

マットレスクリーニングのまとめ

普段あまり意識することのないマットレスですが、その役割は非常に重要です。

カビやダニは不衛生なだけではなく、アレルギーを引き起こす原因にもなりかねません。

快適で健康的な睡眠に欠かせないマットレスのクリー二ング、まずは一度お試しください!

マットレスのおすすめ業者に戻る

Copyright© 【主婦が使ってガチ厳選】宅配クリーニングのおすすめ比較ランキング! , 2021 All Rights Reserved.